メインイメージ画像

面接と履歴書の関係

さて、貴方が応募者なら転職の際どのような履歴書を出しますか?就活を思い浮かべてみて、記してみるのでしょうか。けれども、大学生が最初に書いて提出する履歴書と、今から転職しようとしている経験のある方が記入するものでは、同じになるわけがありません。会社側は応募者の積んできた職歴を理解したい、そして何故自分の会社を転職先に希望したのか知りたいのだと思います。履歴書はその大事な第一に見る情報ですよ。

職歴については、まずは、会社名を記入し、もしくは別の行に、業種と従業員数を記入します。配属の部署やポスト、仕事の詳しい内容を書いておくと伝わりやすいですね。そして、転職したのが多かったとしても、隠す事無く適切に書きましょう。前歴がステップアップにはたらいたことだと言うのを分かってもらえたらベストですね。

転職希望会社の面接で志望動機は必ず聞かれそうな項目ですね。何故この職業を希望したのか。そうして何社もの会社がある中でどうしてこの場所を選択したのか。ちゃんと語れるようにしておくといいでしょう。

職種の内容への理解度やその企業の扱っている商品を分かっているのか、それを踏まえた上で、志望しているのかを企業側は見ます。それと比較して、以前の職場を選択した理由も聞かれる事もあります。前の業種への志望動機を問う事であなたの転職の訳に矛盾することがないか、過去の考え方を知って、採用後も果たして会社にとって有能な人材となりえるのかを知りたいのですよ。どっちを聞かれても、後ろ向きな内容の返答は避けて、転職先で挑戦したい事、自身が目標としたいことを確実に話せるように準備しておき面接に臨みましょうね。

更新情報